お住宅ローンの滞納

住宅ローンの滞納

借換え

借換えとは現在のローンを一括返済するために新しくローンを組むことを言います。現在組んでいる住宅ローンより、低金利なものや個々の条件にあったローンで元のローンを一括返済し、今後は新しく組んだローンを返済していきます。

一般的には固定金利で高金利なローンを低金利のローンに借換えることが多いですが、金利の上昇局面では、変動金利のものを固定金利のものに借換える場合もあります。しかし、ただ借換えを行っても元のローンより増えてしまっては逆効果です。

金融機関によっては担保評価次第で融資を受けられないこともあります。(担保割れの場合でも融資に応じる金融機関もありますので複数の金融機関に確認することが必要となります。)また、借換えの場合には新規に融資を受けるときと同じように保証料などの諸費用がかかるためこの点も注意が必要です。

繰り上げ返済

借換えは諸経費がかかるし、繰上げ返済はある程度まとまった資金が必要だし…と、効果よりもまずは目先の住宅ローンの負担を減らすことだけを一番に考えたい。という方には現在の住宅ローンの返済方法の変更をおすすめします。景気の悪化からこのような悩みを持つ方が増えてきていることもあり、最近では金融機関側も対応策を考えているようです。

例えば、認められれば返済方法も“毎月払いとボーナス払いの併用”から“毎月払いのみ”への変更や、“元金均等返済”から“元利均等返済”への変更も可能です。また、倒産や失業などにより、住宅ローンの返済が難しくなった場合には“返済期間の延長”や“一定期間における返済額の減額”が認められる場合もあります。

この対応は、融資を受けた金融機関ごとに異なるため金融機関への確認が必要となります。以上が住宅ローンの見直しを考えたときに検討すべき方法ですが、どの方法も注意すべき点はいくつもあり、何が最善の策なのかは、各人の収入状況や、ローン残高等によって異なります。知識のないまま、新たにローンを組むことや一部繰上げ返済を行う事に大きな不安を感じる方も多いかと思います。

そのような方は、是非一度ご相談ください。より負担を軽くし有利になる方法を専門家の目線からアドバイスさせていただきます。

親切丁寧に対応させていただきます
メールでの相談はこちら

▲関東・首都圏 住宅ローン相談所 先頭に戻る